洗顔?美容液?今、1番欲しい脂漏性敏感肌ケアは?

BIRAIからのお知らせ, クレチュールジュレローション, 商品開発


こんにちは。
BIRAI-moist-の木村です!

突然ですが…
あなた様は

もしかして
脂漏性敏感肌の
こんなお悩み抱えていませんか?

「保湿は重要と
わかっていながらも…
クリームを塗ると
痒みが増して使えない

洗顔料をするとヒリヒリするから、
洗顔選びが困る」

本当はシミやたるみも
気になっているけど
脂漏性敏感肌用ってない…」

これらは全て、
実際に私たちが
お受けしたご相談なのです。

しかも、しかも!
クレチュールジュレローションを
ご愛用中の方にアンケートを実施したところ
スキンケアに関して
こんな結果が出てるんです!

ご覧ください↓↓

クレチュールジュレローションを
ご愛用くださっている
94.1%の方が
脂漏性敏感肌に悩んでいる
のに…

クレチュールジュレローション以外の
スキンケアアイテムは
82.5%の方が
脂漏性敏感肌用を
使用していない
事がわかったんです(>_<)

もちろん、
スキンケアは
化粧水だけで完結するものではなく、

洗顔→保水→保湿と
一連の流れがあるのは
あなた様もご存知ですよね?

この一連を
脂漏性敏感肌用でケアをしたら…

赤らみや痒みなど
脂漏性敏感肌のお悩みへの
実感スピードUPに
繋がると思いませんか?

もちろん、答えは「YES」です。

そこで、今度は
クレチュールジュレローションを
ご愛用中の
182名にご協力頂き、

「クレチュールジュレローションと
一緒に使うなら、
どんなスキンケアアイテムがよいか」
アンケートを実施してみました。

選択肢は

・クレンジング(顔用)
・洗顔料/フォーム・固形・ジェル
・保湿/クリーム・乳液・ジェル
・美容液
・シートマスク
・頭皮シャンプー
・頭皮エッセンス

という風に
細かくお伺いしました。

すると…
こんな結果だったのです!

なんと51.5%の方が
【保湿】アイテムがよいとの事!

ちなみに…
2番目に多かったのは
クレンジングでしたよ~!

だから、
この【保湿】でアイテムを絞り、

何度も何度も
脂漏性敏感肌に悩むお客様へ
アンケートを実施しました。

脂漏性敏感肌のお悩みとしては


鼻のテカリや毛穴詰まりが
気になるので、
本当にクリームを
塗っていいのかよくわからない
(M.S様 46歳)


トラブルが起きそうで、
規定の量は怖くて使えない。
現在のを続けていく場合は、
少量をつけてハンドプレス。
(M.I様 36歳)


保湿は出来ても
ベタつきが嫌い
(M.A様 43歳)


ベタベタして
余計に痒みが増す
(S.U様 51歳)

このように
沢山頂いたご意見を参考にし、

結果、
こんな保湿アイテムを作る事に
決定!!!!!

——————
形状:保湿クリーム
——————
1.赤らみ・痒みに効く
2.高保湿だけどベタつかない
3.肌トラブルがない=低刺激

3つにこだわり
脂漏性敏感肌用
保湿クリームを作るために

配合する成分や

効果効能を調査したりと
工場へ打合せへと入ったのです!

ちなみに現在
第3弾保湿クリーム
モニター様を募集の
真最中です!

既に22名様が応募済で
残り8名様となりました!!

【完全無料】
第3弾保湿クリーム
モニター参加フォーム↓
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=ntr&formid=149
受付:募集定員が埋まり次第終了

また、同時に
クレチュールジュレローションも
更にバージョンアップし

もっと脂漏性敏感肌の
赤らみにスピード実感出来ないかと

リニューアルする話も
どんどんと進み始めました!

何度もお話ししていますが、

脂漏性敏感肌のお悩みを
本気で解決したいから…☆彡

「自分達が作りたい物」
ではなく

「お客様が求めている物」を
提供していと考えています。

だから、私たちは
ご愛用者様のお声やご意見を
第一に優先し

これからも
商品開発を進めていくのです!

あ、なんだか
熱い宣言になってしまいましたが…

本当の想いなので
伝えさせていただきました^^!!

と、次回のメルマガでは

工場から打診が来た
「成分」という点で

具体的な商品開発の内容を
お伝えします!

脂漏性敏感肌の原因である
バリア機能をサポートする
アノ成分や

マラセチア菌除菌作用のある
アノ成分など

聞き馴染みのある成分から
始めて聞く成分など
詳しくお話しします!

成分ってカタカナで難しい…
なんて思わず、
【BIRAI-moist- 商品開発プロジェクト】に
お付き合い下さいね♪

担当 木村

———————————
【BIRAI-moist-商品開発プロジェクト】
これまでの活動 since 2018
———————————
ご覧になる方はこちらから↓
【第1回記事】新パッケージ決定

関連記事一覧