ステロイドは脂漏性敏感肌が再発する?

クレチュールジュレローション, その他

BIRAI-moist-の湯川です。

先日、脂漏性敏感肌に悩む
クレチュールジュレローションを
ご購入を検討されている方から
ステロイドについて
ご相談を受けました。

あなたも、
同じ悩みを抱えてて
少しでも参考になれば…と思い
ご紹介させていただきます。

皮膚科に行くと
脂漏性敏感肌にステロイドを
処方されることが多いようです。

なんとなく使っていた方も
いらっしゃるかもしれませんが、
ステロイドには

適切な
「薬の種類」
「薬を塗る部位」
「使う量」
「使う期間」があります。

これらは、
脂漏性敏感肌のお悩み歴や
深さによっても
人それぞれ変わってくるので、
必ず医師へ確認しなければ
いけません。

そこで、
今までなんとなくステロイドを
使っていた方のために

ステロイドについて
まとめていますので
正しい知識を
身につけてください^^

▼ ▼ ▼

===========
ステロイドは
10種類に分けられてるって
知ってましたか?
===========

あなたは
どの種類のステロイドを
使っているかご存知ですか?

主に、軟膏とクリームがあり、
同じ成分でも軟膏とクリームでは、
症状や使用する部位によって
使い分けがされています。

さらに、薬の強さが
5ランクに分かれています。

なぜなら、
部位によって皮膚からの
吸収されやすさが違うからです。

例えば、皮膚の薄いお顔や首元は
吸収されやすく、よく効くため
ランクの低いステロイドを
使用したほうが安全だと言われています。

脂漏性敏感肌のお悩みには
軟膏タイプの
ロコイド軟膏0.1%という
塗り薬が処方されることが多いようです。

脂漏性敏感肌の症状は
顔や首元、頭皮や耳の裏など
様々な部位で現れるのですが、

同じ症状だからといって
安易に別の部位に使用してしまうと
薬が強すぎてトラブルが
悪化してしまう可能性があります。

===========
そもそもステロイドって
どんな役割があるの?
===========

ステロイドには
”炎症を鎮める強い作用”があります。

短期間で肌トラブルを
おさえることが可能で、
腫れや赤みを抑え
かゆみや痛みをやわらげてくれる
役割があります。

脂漏性敏感肌以外にも
湿疹やかぶれ、火傷、
虫刺され、アトピー性皮膚炎などにも
使われます。

ですが、副作用も多いため、
注意が必要な薬とも言われています。

症状が短期間で治まるので、
魔法のような薬に
感じることがありますが、

間違った使い方をしてしまうと
大悪な薬となり、
取り返しのつかないことになってしまうので
気を付けてご使用くださいね。

===========
間違った使い方による
ステロイドの副作用って?
===========

副作用としては、
・皮膚が赤くなる
・皮膚が薄くなり血管が透けて見える
・皮膚が細菌やカビなどの
感染症にかかりやすくなる

などです。

また、にきびや
うちみのようなアザが
できることもあるようです。

これらの副作用を
未然に防ぐためには、

まずは、適切なランクの薬を使うこと、
使用量や使用期間を
守ることが大切です!

また、長期にステロイドを
使用しているときに突然中止すると、
症状が急に悪くなることがあるため
中止や変更する際は
医師と相談してください。

===========
ステロイドは一時的、
再発してしまうのはなぜ?
===========

あなたは
ステロイドで
肌トラブルが軽くなったので
使用を辞めたら

肌トラブルが再発してしまった
という経験はありませんか?

せっかく
肌トラブルが治まったと
思ったのに、

また同じ悩みを再び抱え、
なんなら以前よりも
もっと悪化している‥‥

実は、私もステロイドで
肌トラブルの再発を
経験したことがあるので
お気持ちがよくわかるんです。

なぜ、ステロイドは
一時的と言われるのかご存知ですか?

それは先ほど、
ステロイドの役割で
お話ししたように

炎症を鎮める
強い作用があるからです。

つまり、
炎症をしずめているだけで

「脂漏性敏感肌の根本は
解決していないから」

です。

脂漏性敏感肌に悩んでいる方は
赤らみや痒みなどの
肌トラブルを起こし、

それにともなって
『バリア機能がより低下する』
という悪循環が起こります。

そのため、
脂漏性敏感肌の解決策としては

【1】
テロイド剤を使用して皮膚の表面で
起こっている炎症をとること

【2】
皮膚を清潔にして保湿する
スキンケアを行って
バリア機能を強化すること

この2つをセットで行う必要があります。

ですので、
ステロイドを適切に使いながら

毎日のスキンケアで
バリア機能を強化し
肌トラブルが起きにくいお肌にする

という脂漏性敏感肌の根本を
見直さなければいけません。

この2つのセットを
同時に行っていくこと

最終的にステロイドを辞めても
肌トラブルが再発しないような
健康的なお肌へと導いていくのです。

だからこそ
毎日のスキンケアケアは
とっても重要ですし
慎重に選ばなければいけません。

脂漏性敏感肌用の
クレチュージュレローションには
セラミド3という成分が
配合されていて
バリア機能を強化してくれます。

毎日使い続けることで
バリア機能の働きを
少しずつ強化していくのです。

ですので
まずは、
ステロイドを併用しながら
クレチュールジュレローションでの
スキンケアを行い、

ゆくゆくはステロイド要らずの
お肌を目指してください!

ステロイドについての
ご不明な点がございましたら
いつでもご相談くださいませ。

担当:湯川

関連記事一覧