正しく紫外線対策できてる?油断しがちな部分をチェック!

BIRAIからのお知らせ, お悩み, お知らせ, 毛穴の悩み

こんにちは(^^)
BIRAIの佐藤です!!

先日、奄美地方で
梅雨入りしたと聞いて
「早!!」って思ったのですが

季節も春から夏に移り変わってきて
日焼けが気になる季節になりました。

顔も体も日焼け止めを塗って
日傘&帽子&サングラスで
紫外線対策はばっちり!

ってあなたでも、
もしかしたら
油断している部分があるかも???
早速チェックしてください(^_^)/

―。・+ ―。・+ ―。・+ ―。・+

□毎日SPF50・PA++++の日焼け止めを使っている!

とにかく最高値の日焼け止めを
塗っておけば良いよね♪
と、毎日SPF50・PA++++の
日焼け止めを塗りたくっているなら
お肌にかなり負担になっています!

毛穴に悩むお肌は
健やかなお肌よりも敏感なので
必ずTPOに合わせた日焼け止めを
選んで塗るようにしてください。

☆お買い物など1時間ほどの外出:SPF10~30
☆レジャー・運動会など2時間以上の外出:SPF30~50

汗をかきやすいときや
海・プールなどに行くときは
ウォータープルーフタイプの
日焼け止めがおすすめです♪

また、日焼けしそうな日の前日や
当日の朝に前もって、
ビタミンCなど抗酸化作用のある
サプリメントを摂取するのも効果的なので
試してみてください(^^)

□ 曇りや雨の日・家の中はすっぴん!

紫外線対策

太陽出てないし日焼けしないよね♪
なんて思ってたら甘いです!!

曇りや雨の日は油断していませんか?
家の中にいて長袖を着ていても、
雨雲や窓ガラス、服の生地を通り抜ける
紫外線の「UVA」は
PA数値の高いもので対策してください。

ちなみに紫外線は2種類あるのを
あなたはご存知ですか?
それぞれがお肌に及ぼす影響と
日焼け止めの「SPF」と「PA」の
どちらで対策できるのかをお話しますね。

UVAとは

お肌の奥の真皮まで侵入し、
ハリ・弾力を失わせる原因になります。

日焼け止めに表記されている
「PA+」の+が多いものほど
効果があります。

UVBとは

お肌への作用が強く
短時間でも肌が赤くなり
ヒリヒリ炎症する原因になります。

日焼け止めにに表記されている
「SPF」の数値が高いものほど
効果があります。

―。・+ ―。・+ ―。・+ ―。・+

内面からも紫外線対策を!

普段の紫外線対策について
チェックできましたか?

日焼け止めクリームや
日傘、サングラス、帽子なども
紫外線対策に大事ですが、

抗酸化作用のある食べ物で
内面からも紫外線にアプローチしてください☆

シミ・そばかすの原因になる
活性酸素を除去すると言われる
抗酸化作用のある食品をリストアップします!

抗酸化作用のある食べ物でおいしく紫外線対策!

トマト

☆トマト…リコピン
☆いちご・ザクロ…エラグ酸
☆エビ・カニ・鮭…アスタキサンチン
☆ココア・ぶどう…ポリフェノール
☆バナナ…ビタミンB群・ポリフェノール

トマトに含まれるリコピンには
ビタミンEの数百倍の抗酸化作用が
あると言われているんですよ♪

そのままでも良いですが
温めるとより効果がUPするので

ミネストローネスープにしたり
トマトソースパスタにしたり
工夫してみてください(^^)

本格的な夏を迎える前に
上手に紫外線対策をして
毛穴ケアを進めていってくださいね♪

担当 佐藤

お肌のお悩み▼ご新規のお客様はこちら▼

お肌のお悩み▼BIRAI製品をご使用いただいている方はこちら▼

関連記事一覧