クレンジングの秘密教えます!角栓毛穴もつるっとね♪

クレンジング

こんにちは。
BIRAIスタッフの阿部です。

先日、耳鼻咽喉科に行ったのですが
待合室で待っていたら

治療中の小さい男の子の声が
響き渡ってきたんです。

「いたい、いたい、いたいってば!
もうやめてよー!お願いだよーっ」

ってすっごい泣きわめいているんです。
全力の悲鳴です!

先生:
「ほら、今はもう何もしてないよ!
少し休憩しよう!」

男の子:
「やだー!耳にさわってるーっ!!」

先生:
「もうさわってもないよ。」

男の子:
「先生がいるだけでいたいよーっっ!」

先生:
「・・・・・・」

埒が明かないと思ったのか
再び、治療を始めたんでしょうね。

ものすごい叫び声と鳴き声が
聞こえてきました・・・。

泣きつかれて
顔面蒼白の男の子と入れ替えで

「はい、阿部さんどーぞ♪」

・・・・・・。
なに、この恐怖感(笑)

単なる聴力検査にきただけなのに、
なに、この背筋の寒さ(笑)

検査機械のヘッドホンみたいなのを
付けてもらうだけで
身体がビクってなりました(笑)

看護師さん笑いすぎでした!

さて、私がビビりだったということは
置いときまして・・・

今日はクレンジングについての
ご質問がきていますので
ご紹介しますね!

———————————————-
M.T様 28歳

ソワンシリーズが好きで使っているのですが
メイク落としだけはドラッグストアで
買っています。

いろいろな種類があっていつも迷ってしまいます。
クレンジングの種類とかオススメがあったら
教えてください。
———————————————–
M.T様

クレンジングについての
ご質問ありがとうございます!

ドラッグストアに行くと、
いっぱいありますよねー!

パッケージも鮮やかで
見るだけでテンションが上がります。
「ぬれた手OK!」
「さっぱり落とす!」
「つるつるに!」

など書いてあると、
ついいろいろ見ちゃいます。

クレンジングの選び方 ♪
どんな基準で
選んでいますか?

そんなクレンジングですが、
選ぶときって結構悩みませんか?

意外と種類があるもんですよね。
自分に合ったクレンジングを
探してはみるんですが

いろいろ見過ぎて
結局疲れちゃったりするんですよね。

どんなクレンジングを選ぶのがいいのか、
今日はそんなお話をさせてくださいね。

鮮やかなボトル

まずはクレンジングの種類について
ご紹介しますね。

クレンジングには大きく分けて
主にこの5種類があります。

・オイルクレンジング
・リキッドクレンジング
・ジェルクレンジング
・クリームクレンジング
・ミルククレンジング

配合や成分にもよりますが
一般的にオイルクレンジングは
洗浄力が強めと言われており
ミルククレンジングは
優しい洗浄力が特徴となっています。

そして
注目していただきたいのは
洗浄力が強いということは
お肌への負担が
大きいというところです。

洗浄力の強さの秘密は
「界面活性剤」です。
界面活性剤は、メイクや汚れを洗い流す時に
水と混ざって乳化する為に使われます。

通常油分は、水をはじきますよね。

界面活性剤によって
水と油分が混ざって乳化することで
スムーズに洗い流すことが出来るんです。

しかし、この界面活性剤は
お肌への刺激やダメージが大きく
肌荒れや肌トラブルの原因になる
可能性があります。

また、洗浄力が強いと、
お肌の保湿に必要な皮脂も
落とす可能性があるんです。

皮脂を落とし過ぎると
お肌をひどく乾燥させてしまうんです。

お肌表面の乾燥が進むと
その奥で守られるべき水分も
どんどん蒸発していきます。。

インナードライ肌になる
原因にもなりますし、

皮脂によって守られていた
表面のバリアがない状態の為、
お肌を守るために
皮脂が過剰な分泌をし始めます。

その結果、毛穴がぱっくりと開くという
毛穴トラブルへと繋がってしまうんです。

ですから
なるべくお肌に優しいクレンジングを
選びたいですね!

クレンジング選びの基本は
ベースメイクの濃さに合わせて
選ぶということです。

油分の多いリキッドファンデーションを
使っているのに、油分を落としきれない
クレンジングを使ってしまうと
お肌のメイクが落ちきらず残ってしまいます。

お肌トラブルの原因になりますので
自分のメイクに合ったクレンジングを
選びましょう。

じゃあ、
どれを使ってみようかな
オススメ教えて♪

オススメは
ジェルクレンジング
ミルククレンジングです。

ジェルクレンジングは
なめらかな使い心地で肌馴染みも良いので
摩擦によるお肌への刺激も少なく
洗浄力も通常のメイクであれば
落とすことができます。

ミルククレンジングは
お肌への刺激が一番少なく
皮脂も落とし過ぎないので
乾燥肌や敏感肌の方も安心です。

ただ、その分
濃い目のメイクは浮かすまでに
時間がかかりやすく
擦り過ぎてしまうことがあります。

せっかく優しいクレンジングを選んでも
摩擦でダメージを与えてしまう
なんてことは避けたいところです。

力を入れてゴシゴシ擦ると
お肌に傷がつき
毛穴ケアを妨げる原因にもなります。

お使いのベースメイクが
どんな種類なのか、油分が多いのかなど
見直してみてくださいね。

成分を読む女性

その日のメイクに合わせて
クレンジングを変えるのもいいと思います。

仕事のきっちりメイクは
しっかりと落とせるクレンジングを使い、
休日はあっさりメイクは優しく落とせる
ミルクタイプでもいいですね。

また、部分的に変えるのもオススメです。
アイメイクやポイントメイクは
きちんと落としたいですよね。
その部分だけはしっかり落とすタイプの
クレンジングを使うのもいいと思います。

どのように使っても、メイクは
「その日のうちに」落とすことを
意識してくださいね。

お肌の汚れを翌日に持ち越さないことが
大切なことなんです 

そして、
どのクレンジングを使うにしても
ゴシゴシと擦り過ぎずに
やさしくなでるように洗って
あげてください。

肌を清潔に保つことは
スキンケアにとっても大切なことの1つです。

賢く選んで
日々のクレンジングを意識して
毛穴の角質も洗い流していきましょうね。

BIRAI 担当:阿部

LINE@でも受付中♪

ソワンご使用中の方専用

ソワンご検討中の方専用

お肌悩み専用アドレス
skin.customer@birai-cm.com

↑クリックしても
メッセージ送信画面に
ならない場合は
上記のアドレスを
コピーし
宛先にご使用ください。

フリーダイヤル
0120-444-636
(平日9:30~17:30)

BIRAIお問い合わせ
よくある質問を掲載中

関連記事一覧